投稿日:2020年10月15日

突然の雨漏りで大ピンチ!自分でできる対処法をご紹介

こんにちは。
大阪府門真市を拠点に、雨漏り修理や外壁塗装を承っております、株式会社アークスです。
平成26年の創業以来、雨樋や外壁といった外装部分だけでなく、内装部分に関しても幅広くご依頼を頂いております。
さて、天井や窓枠のところから突然雨漏りしてきた時、どのように対処したら良いのかご存じでない方も多いのではないでしょうか。
今回は皆さまのご自宅や職場で雨漏りが起きた際、ご自身で簡単に行える応急処置方法をご紹介致しますので、ぜひ最後までご覧下さい。

天井の雨漏りの応急処置

天井からポタポタと水が落ちてきた時、そのままにしておくと床や畳が濡れたり、家具が濡れたりしてなかなか大変な目に遭うことが想像できます。
そんな時は自宅にあるバケツ、タオル、新聞紙で応急処置をしましょう!
まずは雨漏りしているところの真下に新聞紙を敷き、バケツを置きます。
これだけでも床や畳が濡れるのをある程度は防ぐことができますが、ここでバケツの中にタオルも敷きましょう。
バケツの中にそのまま水が落ちると飛び跳ねて周囲に飛び散る可能性がありますが、このようにタオルを敷けば水が飛び散るのを防げます。
バケツや新聞紙がない時はレジャーシートやボウル、ゴミ箱でも対応できますよ。

窓枠からの雨漏りは水を吸い取って対処!

実は雨漏りは天井からだけでなく、窓枠のところからもすることがあります。
このような時に行う応急処置についてですが、窓にカーテンがついている場合は、まずはそれを外すところから始めましょう。
カーテンが濡れるとなかなか乾きませんし、カビが生えてくる可能性もあります。
カーテンを守るためにも雨漏りに気付いたら先にカーテンを外し、その次に水が侵入してきている部分にタオルや雑巾を置いて水を吸い取って下さい。
ここで注意して頂きたいこととしては、普段からカーテンがある部分はしっかり見る機会も少なく、雨漏りに気付きづらいということです。
雨の日は定期的にカーテンが湿ったりしていないかなど、こまめに確認するようにすれば、雨漏りにも早めに対処できるようになりますよ。

雨に強い建物づくりを応援します!

以上、雨漏りの応急処置方法についてご紹介致しましたが、参考になりましたでしょうか。
しかし毎回ご自身でバケツなどを使って雨漏りに対処することで家具や床などが濡れることは防げても、目に見えない部分が傷んでいくことは防げません。
雨漏りに気付いた時はなるべく早めに業者に修繕を依頼をするとともに、雨漏りを防ぐことについても検討していきましょう。
弊社では突然起きてしまった雨漏り修繕にも勿論ご対応致しますし、雨漏りそのものを防ぐための防水工事にもご対応致しますので、雨漏りのことでお悩みの方はぜひお気軽にご相談下さい。
それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。

株式会社アークス
〒571-0058 大阪府門真市小路町2-12-101
TEL:06-6903-1222 FAX:06-6903-1223


関連記事

外壁塗装で弊社が選ばれる理由

外壁塗装で弊社が選ばれる理由

こんにちは!大阪府門真市に拠点を置き、外壁塗装・雨漏り修理を手がける株式会社アークスです! 今回は、 …

株式会社アークスの業務案内♪

株式会社アークスの業務案内♪

こんにちは! 大阪府門真市に拠点を構え、近畿一円で活動しています株式会社アークスです。弊社は戸建て住 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社アークスでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

施工実績  お問い合わせ